筋力トレーニングをするときに知っておきたいこととは

加圧トレーニングとは何か

筋力トレーニングをする場合には、腕立て伏せを一生懸命やる人がいます。久しぶりに腕立て伏せをしたならば、翌日ぐらいに筋肉痛になるほど負担が大きいかもしれません。ですが最初のうちは体の重さで筋力がついたとしても、ある程度慣れてくると筋力がつきにくくなります。毎日必死に腕立て伏せをやって筋力アップを図ったとしても、ある程度のところまで行くと筋力が増えることはありません。なぜなら、それ以上負荷がかかっておらず、単に持久力が上がっているだけにすぎないからです。つまり腕立て伏せやスクワットは筋力の持久力を上げるためにはよいのですが、それ以上はあまり意味がないのです。そこで筋肉を増やす場合に重要になってくるのが、加圧トレーニングです。このトレーニングの特徴はできるだけ筋力に負荷をかけることで筋力アップを図る点です。例えば今まで5キロのダンベルしか持っていなかった人が、8キロのダンベルを買って練習したり、10キロのダンベルを買って練習すれば筋力アップを図ることができます。回数がそれほどできないぐらいのものが理想です。例えば5キロのダンベルでは30回ぐらい上げ下げできるのであれば、上げ下げを10回ぐらいしかできないような重さのものを購入することで筋力アップが可能になるでしょう。

筋力アップの魅力はダイエット効果もあること

筋力アップをすることによって、筋肉が大きくなればダイエットからは遠のきそうですが、実は筋力アップをすることで代謝が良くなり脂肪がつきにくくなるのです。そういう意味でも加圧トレーニングは重要といえます。

加圧トレーニングとは腕や足をベルトをつけ加圧するものです。加圧トレーニングなら横浜です。なぜなら、本格マシンがそろっているいてとても本格的だからです。