歯の機能を取り戻す事が出来るインプラント治療

歯を抜くと顎の骨は徐々に体内に吸収される

虫歯が進行してしまい、どうしても歯を抜かなければならなくなる事がります。

こうした状況の時は、とにかく痛みが激しく早く抜いて欲しい、後はどうなっても良いと考える人は多いと言えましょう。

身体の痛みの中でも歯の痛みは、食事が出来ないので苦痛から逃れたいあまり、抜いて欲しいと考えるケースは多いわけです。

もっと早く治療を受けていれば抜かずに済むのですが、歯の痛みは次第に治まる事もあるので治療を受けるのは後回しにしてしまう事もありますよね。

歯を抜いてしまうと、歯を支えている骨は役割を果たした事になり、身体に吸収されてしまい、顎の骨は痩せてしまいます。

入れ歯やブリッジなどをしても、骨の衰退を防ぐ事は出来ません。

その点、インプラントは骨の中に構造体を埋め込む治療法で、骨の衰退を防ぐ事が出来るのです。

しかも、噛む力を骨に伝える事が出来るので、硬い物を噛み砕く能力を回復出来るなどのメリットもあります。

インプラント治療法と骨の量について

インプラント治療は骨の中にチタン製金属の構造体を埋め込む治療法です。

チタン製金属は骨との親和性が高く、半年前後で骨と結合してしっかりとした土台を作りだしてくれます。

しかし、歯を抜いてから時間が経過している場合やインプラント治療を行う歯の場所などにより骨の量が少なくて構造体を埋め込めないケースもあります。

骨の量が少ない時には、最初に骨の増量手術を行って構造体を埋め込める骨の量にしてから治療が開始されます。

但し、骨の増量手術を行うと同時に構造体を埋め込む方法と骨の量が適正になってから構造体を埋め込む2つの治療法があります。

杉並区で行うインプラントの場合、治療実績の豊富なクリニックをスムーズに見つけられる他、丁寧なカウンセリングも受けられるため、初めてでも安心して治療に臨めます。